PCゲームのデモ&製品版批評

PCゲームの製品版とPCデモ版の批評です。更新は不定期
■ フリースペース
 ※このフリースペースは、サイトトップにのみ表示されます。
  (広告掲載・お知らせなどご自由に編集して下さい。)
 ※不要な場合には、<!--index_area--> ~ <!--/index_area--> の部分を削除して下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TimeShift 2011-10-04 14-58-33-32

 時間操作を活用する。時間には巻き戻し、停止、遅回し・・・があって、メーターを消費する事で使用できる。メーターの減りは使用する時間操作で異なるが停止が1番早い。しばらく使わないでいると徐々に回復していく。

 時間操作を活用する思考パズルのようなものもあり、水面に電気が張っている所や炎が噴き出しているところは時間停止させるとか、敵の攻撃は遅回しでスローにして躱していく・・・等。武器は敵が持っているモノを拾って使用し3種類まで所持でき後は交換制。ステージが進行すると未来的な武器も手に入るが、持っている敵が少なめなので弾数も少なめになる。分岐点はなく一本道ではあるが、時間操作のパズルが入って一筋縄では行かない箇所も多い。

 残酷性は高めだが、四肢が千切れる程度で頭や胴は切れない仕様。四肢も爆風を受けた時のみ千切れるぐらいなモノ。

 敵の種類はロボットなども含めて割と多めだが、同じ面に同じ敵が偏ってたくさん出て来る感じなので、1つの面でバラエティ富んだ敵が出て来るって事はない。FPSでは何だか在り来たりなシューティング・パートも3回ほど待ち受けている。あと、荒廃した感じの近未来的なステージも何処まで行っても造りが似ている。
TimeShift 2011-10-04 12-40-50-62 TimeShift 2011-10-04 12-41-23-34





スポンサーサイト
ACBSP 2011-08-20 22-44-24-25

 『Assassin's Creed』シリーズ第3弾。主人公や仲間などは殆ど代わり映えなし。前作からの追加点として大型武器を投擲できるようになった。ただ、少し遠くに居るだけで投擲動作に入るし、一回投擲動作に入ってしまうとキャンセルが効かない。そして大型武器を持った衛兵に対するカウンターが不可能になり、代わりに蹴りを入れて相手を窪ませるアクションが加わっている。クロスボウが加わった事でクロスボウが一撃必殺武器になり、逆に1作目で一撃必殺武器だった投擲ナイフが相手を一瞬足止めするだけの武器にまで劣化。

 他にも衛兵に絡まれている民衆を助け出す事で雇用暗殺兵として採用できる。彼らは何時でも呼び出す事が出来、指定した相手を殺害してくれる。しかも自分で暗殺するのとは違い警戒度も変わらない。1度呼び出すとメーターが回復すれば再度呼べる。

 今作より加わったマルチプレイ。1つのキャラを選び相手を探し出して暗殺するのだが、自分は誰から狙われているのかは分からない。ただ、対COM戦がなく対人戦しか出来ない仕様なので誰も居ないのも確か。

 塔とそれを管理する衛兵を倒す事で周りの衛兵の警戒度が下がる・・・というのを導入している為塔を全て破壊するまでは衛兵数がシリーズ数最多。でも今作は衛兵の溜まり場みたいなのもあり全体的に衛兵は多め。

 前作よりも画質などは少し上がっているが相変わらず動画が一切飛ばせなかったり、DRM仕様で必ずネットに繋がっておかないといけなかったり、何処に行っても大して街並みが変わらないなど、悪い部分がそのままずっと残っているのはマイナス点。
ACBMP 2011-08-20 22-49-10-82 ACBSP 2011-08-20 22-45-33-57 ACBSP 2011-08-20 23-10-56-65



SIMRDEMO 2011-06-01 14-56-36-37
 
 日産公式のシミュレーション。デモ版は’99年型のシルビアでの1コースでのタイムアタックのみプレイ可能。車種は1種類しかデモでは操作できないが色とセッティングは自由に変更できる。

 公式だけあり挙動が可成りリアル。カーソルでの操作では正直しっかりと曲がる事が出来ない事請け合い。昔のゲームなので解像度は固定で変更不可能。グラフィックが悪いのは致し方ないとして、背景がタイムトライアル中に追い付いてない状態で直ぐ近くの観客席でさえも走っていて徐々に見えてくると言うような仕様。

 運転しやすいかし難いかは実車を元に再現されているので分かりやすいかも。
SIMRDEMO 2011-06-01 14-56-51-50 SIMRDEMO 2011-06-01 14-58-30-70 SIMRDEMO 2011-06-01 14-59-54-51
pun 2011-03-02 10-34-43-85

 アメコミ『パニッシャー』のゲーム版。内容は警察に取り調べを受けるパニッシャーことフランク・キャッスルの証言を回想としてプレイする感じ。

 悪党への復讐=制裁するゲームなので降参している敵を殺さずに放っておく気の利かした善人プレイ(?)は通じない。しかも画面内の全ての敵を倒さないと先への扉が開かないって場所も多い。1回で登場する敵の数は多めで後半になると所定の事を満たすまで雑魚が無限沸きする場所も。

 やはり特徴的なのは所定の場所で特殊な殺し方をする処刑シーン。一応証言強要させる事も出来るが、相手が何かを喋ってくれたからと言って進行には何の影響もないし、喋ってくれたので釈放なんて言う生易しい事も出来ない。しかも強要シーンはマウスの上下で行うので非常に操作性が悪い。処刑シーンの際は画面が白黒になり残酷性を抑えている。でもその所為で迫力が皆無。

 武器は短銃類と銃器類の各1種ずつで敵を倒しても手に入るので弾切れは少ない。敵に近付けばQuick Killで一撃で倒す事が出来る。ロケットランチャーと火炎放射器以外の武器は全て2挺持ちが可能。でもマウスの両ボタンクリックでないと両方同時には撃てないので操作性は良くない。一応敵を盾にするヒューマン・シールドも使えるが、敵はそんな事は全く関係なく撃ち込んでくるので何の意味も持たない。メーターが溜まれば特殊攻撃が可能で、一定時間画面が白黒になり周りよりも動きが速くなる攻撃が出来る。両手にナイフを持っていて投げたり一撃必殺の技を使って、白黒になって居る分殺し方も若干残虐に。

 少し昔のゲームで画質が粗いので残酷度も気にするほどではなかった。ただ、画面解像度が640x480以上に変えられないのが痛い。

 ちなみに現在は廃盤で手に入れるのも難しくなっており売っていても高値が付いている。
pun 2011-03-02 10-47-44-12 pun 2011-03-02 22-44-21-43



a3ch2menu 2011-02-28 22-18-08-93

 『ぼくは航空管制官3』の練習版。離陸と着陸をする航空機2機を誘導して基本を掴み、第2ステージでは東京国際空港、第3ステージでは那覇空港を舞台に応用編を行える。

 個人的にこのシリーズはデフォルメされた機体が登場する初代作以来で、航空機がかなりリアル。練習版であるが故に全日空と日航しか登場はしないが、拡大や縮小も可能で空港も上手く再現されている。

 第2ステージは滑走路が多いので大して難しくないが、第3ステージは滑走路が1本しかなくその1本を上手く着陸と離陸で合わせないと行けないので最初は難しかった。早送りとかがある訳ではないので、着陸許可を出しても実際に許可を出された航空機が空港に降り立つまで可成りの時間を要する。航空機の速度を先読みして着陸許可を出して実際に着陸してくる前に別の航空機を離陸させる・・・って事も重要になってくるがこれが難しい。制限時間が僅か60分なのは手軽なんだろうけど意外と短い。指定得点以上だとクリアだが、制限時間が過ぎれば指示の途中でも終わってしまうので物足りなさが残る。せめてクリアしたステージは時間無制限で好きなだけ続けられるモードが欲しい。3ステージ(練習を除けば実質2ステージ)しかないので1.2時間ほどでクリアは出来てしまうが・・・。
atc3chgt 2011-02-28 22-18-57-89 atc3chgt 2011-02-28 22-21-10-56 atc3chgt 2011-02-28 22-38-54-96

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。