PCゲームのデモ&製品版批評

PCゲームの製品版とPCデモ版の批評です。更新は不定期
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FOD_OP.jpg

 有名ストラテジーシリーズ『三國志』を1つの町に焦点を当てた感じのストラテジー。このデモでは劉備、張飛、関羽が率いる町を拠点に目的を遂行していく1マップがプレイ可能。

 町は人夫が全ての肝で、金鉱からの金の採掘、樹木の伐採などの資源調達も人夫の仕事だし、兵士を作成するのも兵士の訓練所を建造してそこに人夫を入れて特訓させる事で兵士が出来上がる。内政や外交も可能のようだが、デモでは敵軍との1対1の対決になっているので大して問題ではない。

 他にも時たま災害が起きる事も特徴でこれはデモでも起きる。地震とか落雷、火災・・・など。レベルを高くするほど大きい災害が起きやすい感じ。あと、人夫の資源調達は1度の調達が少ないので資源の貯まり方が遅く、直ぐに資源不足になる。そして敵軍はこっちが資源を殆ど獲得できない間に攻めて来たりするので難易度は高め。将軍である劉備が殺されると敗北。

 あと劉備などの大将クラスは中国語の音声&字幕付きで話すが、台詞などの文字部分が非常に見難い。マップの拡大、縮小が出来ないのでマップも見難い。

 敵の侵攻を遅らせる為に城門に柵を閉める事も可能なのだが、城壁を登って侵攻する・・・事も可能な仕様な為に城門の意味が大して成されていない。攻撃力を上げるものがない上に敵の方が強くて素早い印象があり何だか理不尽。

 どの人夫がどの作業をしているかなどが吹き出しで分かる仕様は評価。

砦の上 人夫 劉備、張飛、関羽

スポンサーサイト
H_SWORDS_demo 2009-09-21 16-47-35-42


 戦略ストラテジー。デモでは初級コースの2つの任務が可能。でも1つ目の任務を達成できないと2つ目はプレイできないんだけど。

 ユニットは1組を操作する感じで各組には大将が居る。大将を倒せばその組に勝つってルールも可能のようだがデモでは敵殲滅が条件になる。特に肝心の1つ目の任務は増援のない弓兵部隊を率いて敵の5組を倒さなければならない。しかも制限時間15分以内。弓は崖下に攻撃出来る利点を生かし、崖上を進みながら崖下の敵を殲滅させる・・・と言うまさに戦略が必要になる。と言っても敵はこちらが相当近くに寄ってこない限りはウロウロしているだけで向こうから攻めてくるような事はない。

 問題の1つはユニットの拡大と縮小は出来てもマップの回転が出来ない事。その為に何処までが崖上で何処が崖下になるのか分かり難い。最初の3組ほどは楽に倒せるが、後半2組は結構意地悪な場所に待機していたりする。

 そしてユニット単位で動かす所為もあるんだけどそのユニットがなかなか思い通りの動きをしてくれない。移動場所を選定してもバラバラに付いてくるので1人だけ崖下に行ってしまう事も。そして坂は上り下りが非常に遅い。敵が坂を上がって来た時はその間隙だらけだから良いかも知れないが、何故か坂の部分だけにスローが掛かっている感じ。

 味方への指示に陣形を広がせるものがある。これは通常の戦略ストラテジーならば敵の攻撃や敵の陣形を散らす意味もあるのだが、これはマップ自体が狭いのに高低差があったりするので、陣形を広がしてしまうときちんと並ばしていてもバラバラになる時があるのに、陣形どころではなくなり手が付けられなくなってしまう。あと、敵側の小太りの男の大将がユニットとして見たらロボットに見えた。
H_SWORDS_demo 2009-09-21 20-23-06-76 H_SWORDS_demo 2009-09-21 20-23-20-56 H_SWORDS_demo 2009-09-21 20-25-07-62 H_SWORDS_demo 2009-09-21 20-25-35-35



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。