PCゲームのデモ&製品版批評

PCゲームの製品版とPCデモ版の批評です。更新は不定期
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『逆転裁判』シリーズの1作目。但しDS版だけの特典として新たなエピソードが最後に追加されている。そのエピソード名が副題の「蘇る逆転」。

 最初の章はチュートリアルを兼ねているので、裁判パートで証人の証言から新たな情報を得る「ゆさぶる」と、矛盾している点を証拠品と共に突く「つきつける」をどのように行うかを教えて貰いながら真犯人を暴く設定なので大して考える必要もない。

 本番は第2章からでこの時から”探偵パート”と言うのが入る。これは事件に関係する人と話ながら色々な情報や証拠品を掴んでいくパートなのだが、やっている事は弁護士と言うよりも”刑事”である。でも物語的には第1章と若干繋がっていて、後の章も何処かで前で解決した事件と繋がっているのでなかなか巧い作り。探偵→法廷→探偵・・・の繰り返しで真犯人や真相は最後の法廷パートと言う事になるが、ゲーム名の通り、本当に物語も二転三転する驚きの展開である事が多い。殺人犯の真犯人で驚く事よりもそれが判明するまでの展開に驚く。

 DSオリジナルの最終章では弁護する証人も証言者も事件も全て立場的に大物との対決が繰り広げられるが、その所為か解決までがめちゃくちゃ長い。そしてこの最終章では科学捜査も加わる為、遂に主人公は弁護士なんだか刑事なんだか鑑識官なんだか分からないような感じに。

 ただ各章終了後は何処の章からも自由に始められるようになるが、どの章から始めても何もかもその章の最初からって言うのは如何なものか。せめて法廷パートで好きな所からとかプレイ出来る仕様が欲しかった。これでは2周目へのやる気が削がれる。あと探偵パートでの移動が回りくどい。一辺に行ける場所ならまだしもちょっと離れた場所って所に行く際は、ここにまずは行って・・・という感じにワンステップ踏む必要がある。これは面倒臭い。

 あと、裁判の絶対権力者である裁判長は何時も同じなんだけど、法廷パートで1番肝心な裁判長の頭の構造が少々単純すぎる。章によっては検事の良い言い成りにされている箇所もあって、もうちょっとしっかりしてくれっと思ってしまう。その所為で法廷パートが無駄に長く感じる場合も。

[東京ゲームショー2005で公開された特別音声付きビデオ1]

[その2・音ズレしています]


[その3・音ズレしています]


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。