PCゲームのデモ&製品版批評

PCゲームの製品版とPCデモ版の批評です。更新は不定期
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今作で主人公・成歩堂が活躍するシリーズは最終章。今回もストーリーは秀逸でサイコ・ロックと言うその人が隠したがっている事が鍵として現れる仕様も健在。逆に言えば真新しい仕様は何もない。

 今作も4章構成だが、その内の2章は成歩堂の師匠である綾里千尋になり、過去の裁判を振り返る内容になっている。ただ両事件とも容疑者が同じなのは何だか頂けない。そして最終章ではそれら過去の事件が1つの事件へと結びつく内容。でも霊媒師に霊行道、そして霊媒・・・とオカルトめいていて、殺人事件が起こる切っ掛けも、霊媒師が呼び出した死者の復讐・・・になっている。ストーリー的にも主人公の助手が事件に巻き込まれたり、ライバル検事の切ない過去と結末があったりと確かにしっかりはしているが、死刑囚を霊媒で蘇らせて復讐・・・はちょっと無理がある。ここはもう少し普通の物語に出来なかったものか・・・。しかもこれも過去の千尋の事件の一種の使い回し。毎作助手は事件に何時も巻き込まれている。

 今回は2作目でライバルだった女性検事が最終章では協力者になったり、友人の検事が一時的に弁護士を務めたりする。あと3作目まで全てで思った事だけど、探索パートでの証言者が裁判パートで証言台に立つ場合に、服も格好も喋り方も探索パートと全く同じ姿で登場するのはどうも違和感。逆に弁護士と検事も何処行っても変わらない。

 今まで霊媒してくる千尋の手を借りていた成歩堂も最終章で1人で事件解決に導きようやく1人立ち。最後も特に主人公が去って行く・・・とかはなく普通に終わる。でも自作は完全リニューアルになる為彼の”弁護士”としての出番は終わり。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。